So-net無料ブログ作成
検索選択

相模原ジュニアオーケストラ [演奏会]

終了しちゃいましたm(_ _)m
でも、記録として書いときます。

昨日、6回目となる「相模原ジュニアオケ」の演奏会が行われました。
今回は、指揮に齊藤一郎さん、ヴァイオリン独奏に徳永二男さんをお迎えし、モーツァルトのセレナーデ第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ブラームスの交響曲第1番という有名にして大曲のプログラミングです。

昨年8月に行われたオーディションを通過したメンバーは10月から練習をスタート。
今年に入って1月から合奏練習でした。
指揮の齊藤さんに指揮していただくのは2回目。
いつもアグレッシブな指揮で子供たちを引っ張ってくれました。
ヴァイオリンの徳永さんはオーケストラをけん引するかのようなパワーと存在感で美しい音色を聴かせて下さいました。

それにしても子供たちは良く頑張りました。
素晴らしい演奏を聴かせてくれましたよ!
完璧はモーツァルト、美しいメンデルスゾーン、堂々としたブラームス。
どれもこれもが最高の演奏だったと思います。

ここでこんな経験をした子供たちが、これからどんな大人になっていくか大変楽しみです。
この経験を忘れないでいて欲しいと思います。
だってこんな経験、ナカナカできないですから^^

未来を担う子供たちにエールを送りたいです!
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。